300店舗の本屋さんが集結!?ブルックリンのBOOKフェスティバル!

スポンサーリンク

9月に入りニューヨークは、寒くなったり
暑くなったりと温度差の激しい日が続いていますが、
今週末は、ニューヨークでは様々なフェスティバルが
各地で開催されていました。

今日は、その中からブルックリンで行われた
BOOKフェスティバルを取り上げて紹介したいと思います!

 

300店舗の本屋さんが集結!?

夏も終わり秋突入の9月下旬に
ブルックリン・ボロウホールでは、
1年に1度開催のBOOKフェスティバルが開催されました。
(2017年は、9/17(Sun)開催。)

 

このフェスティバルには、ニューヨーク外からも
遠くは、カナダから出店者が集まり様々な本が販売されます。

 

出店数が300店舗ということもあって、
ブースを見て回るだけでも、たくさん!!
本好きさんには、たまらないイベントでしょう。

 

作者が直々にサインをしてくれる嬉しいイベントも!

イベントが始まったばかりの朝早く
こちらのブースを伺うと、このお店では
イベントを用意していて、このお店で販売している
本の作者が来て購入者にサインをしてくれる
嬉しいイベント開催していました!

直接、イベントの時間に行くことはできませんでしたが
4、5人のニューヨークでも人気の本の作者さん達が来て
イベントを盛り上げていたようです。

 

ちょっぴり過激なヒストリーブック

ドイツのセクシュアルな写真をまとめた本を
販売していたこちらのブース。

開店直後で、まだ開いていなかった新品のサンプルの本を
わざわざ出して見せてくれました!

 

英語が分からなくても楽しく読めそうな本も沢山!

ちらっと立ち読みさせてもらった写真の手前に写っている
『FATHER AND SON』という本。

絵がとても多くて、わかりやすく
笑えて面白かったです。

 

英語が分からなくても、簡単な文章で構成されているものや
お子さん向けの絵本なども沢山販売されていました。

中央に写っている本は、ひたすらピザの写真をまとめたアートブック。
中のフォントも手書きだったり、とてもお洒落でした!

 

フェスティバルオリジナルのフリーペーパー

フェスティバル会場では、こんなに可愛い
フリーペーパーが配られていました!

 

今回は、1年に1度開催される
ブルックリンのBOOKフェスティバルを紹介しました。

 

興味がある方は、また来年
足を運んで見てはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ColorfulGirl

コーヒーとファッション、寝るのが大好きです。何も気にせず、色んな所を旅するのが夢です。ニューヨーク4年目。私が日々感じたいいなと思ったことや経験を元に記事を書いています。