ワシントン旅行で行って行ってよかったレストラン特集

スポンサーリンク

実は、春先にニューヨークからワシントンへ

一人で旅行に行ったのですが、美味しいレストランが

沢山あったので、今さらですが紹介したいと思います。

 

ワシントンD.C.ってどんな街?

ワシントンD.C.は、アメリカの首都であり政府所在地として

国際的に強大な政治的影響力を保持する街として知られている街です。

日本でも有名なホワイトハウスなどがあるのもここワシントンです。

 

ワシントンの美味しかったレストラン

ワシントンへ行ったのは、初めてだったのですが

現地に行く途中にネットで人気のレストランを調べたり

泊まった宿の現地在住のオーナーさんに評判を聞いてから行きました。

 

ニューヨークよりも見た目に高級感があるけども値段がリーズナブル

レストランが多かったのが印象的でした。

 

Zaytinya

芽キャベツの前菜

 

ラム肉のソテー

 

おまけで出てくる白いパンと海老の何とか。(忘れてしまいました)

 

ここは、地元でも人気で有名な地中海料理のレストランなのですが、

(ここに行く途中に、Uberでたまたま乗り合わせた現地住みのお姉さんも

このレストランを知っていて絶賛していました。)

私が行った時も混んでいて2人以上の方は、並んでいました。

 

が、しかし私は1人だったのでスグに入ることができました。

(一人旅の醍醐味でもありますね。笑)

 

地中海料理といわれても、あまり馴染みがなかったのですが

もしワシントンへ行くことがあったら、絶対もう一度行きたい!

と思うくらい全て美味しかったです。とってもオススメだけど混んでいます。

予約ができたら、していく事をオススメいたします。

 

私が注文したのは、芽キャベツの前菜ラム肉のソテー

あんまり日本だとこの芽キャベツ見ない気がしますが、

アメリカだとスーパーとかでも結構売ってたりします。

 

芽キャベツを焼いて、ソースを絡ませてあるのですが

この白いソースがさっぱりしって酸味もちょっとあって美味しかったです。

 

ラム肉も全然臭みとかなくて、大好きになりました。

牛肉よりもあっさりしていて食べやすいです。

 

3枚目に写っている白いパンは、必ず出てくるやつで

口コミでも美味しいと評判だったパンです。

焼きたてで、軽くてとても美味しかったです。

 

海老のも美味しかったのですが、なんというメニューか

忘れてしまいました。気になる方は、ぜひこの写真を

お店の方に見せてみて下さい。

 

St.Arnold’s Mussel Bar

 

ここは、ネットで口コミを見つけて立ち寄ったお店なのですが

美味しいムール貝が食べられるという事で、貝類大好き!!な私は

食べたい!と思って週末の夕方早くに行きました。

 

ここはバーなのですが、時間が早かったのもあってか、

お客さんも少なく、居たお客さんもハンバーガーやムール貝など

フードを楽しんでいました。

 

私が、頼んだのはお店自慢の味付けをしたムール貝

横に写っているポテトは、おまけで付いてくるベルギーポテトです。

 

さて、ムール貝のお味ですがバターの酒蒸しみたいな

日本人好みの味でした!!めちゃめちゃ沢山出てくるので

数人でシェアしたりお酒好きな人は、おつまみに最高なメニューだなと思いました。

(残念ながら、私はお酒があまり飲めないのでジュースを頂きました。)

 

ベルギーポテトは、しっかりとした太めのポテト

貝のソースを付けて食べるのもありです!オススメの食べ方です。

 

Fiola Mare

前菜

 

ロブスターのラビオリ

 

おまけのデザート

ここは、オバマ大統領も来店したことがあるという

ジョージタウンという地区の海沿いにあるレストラン

今回紹介するレストランの中では一番高級なレストランです。

 

高級レストランなだけあって、前菜からデザートまで

サービスに含まれたものがしっかり出てきます。

 

私は、ロブスターのラビオリ牡蠣を注文しました。

ラビオリって、あまり食べたことがなかったのですが

海老好きな私は、ロブスターに惹かれて注文してしましました。

 

お味は。。。最高!!でした。

りぷりのロブスターとお肉がラビオリの生地に包まれていて

ソースもとても美味しかったです。ラビオリって、パスタだと思うのですが、

ワンタンを想像したら一番近いかもしれません。

 

写真でも分かると思うのですが、量は少なめなので

食べ盛りの方やガッツリ食べたいという方は向かないかもしれません。

 

牡蠣も美味しかったのですが、前にボストンで食べたことがあって、

そちらの方が私は美味しく感じたので写真はあげないでおきます。

 

他にも大皿のメニューとかもあって、私は今回1人だったので

注文出来なかったのですが、数人で行かれる方は頼んでみると

イイかもしれません。ラビオリとってもオススメです。

Founding Farmers DC

農家から直送のサラダとグリーントマトのフライ

 

オリジナルジュース

 

最終日、ニューヨークに戻る前に少しだけ時間があったので

ギリギリ駆け込みでいったレストランです。

 

こちらは、農家が経営しているレストラン

美味しいお野菜が食べられると評判のお店です。

私が行ったのもお昼前くらいだったので、沢山人が入口にいました。

 

私が注文したのは、美味しい生野菜が食べられるサラダ

グリーントマトのフライです。サラダは、最初から注文しようと思っていたのですが、

トマトのフライって珍しいなと思って頼んでみました。

 

サラダは、いうまでもなくみずみずしくて美味しかったです。

ニューヨークでもチョップドサラダとかよく食べるのですが

それよりもボリューム控えめで色んな野菜がきちんと食べられるのでよかったです!

 

さて、気になるグリーントマトのフライですが、

ずっしりしたオニオンフライと言えばいいでしょうか?

(表現が難しい。あまり食べたことがないフライだったかもしれません。)

酸味とかもそれほどなく、食べやすくて美味しかったです!

 

横に少し写っているのですが、2つほど付けて食べられるソース

付いてくるのですが、それらを付けて食べてもよし!そのままでもよし!

2、3人でシェアして食べるのがよいと思います。

私は、食べきれなかった分はお持ち帰りにしてもらいました。

 

本当は、時間の都合上行くのを止めようと思っていたのですが、

行って良かったな、行かなかったら後悔したかもと思ったくらい

よいレストランでした!新鮮なお野菜が食べたいならココで決まりです。

 

Soupergirl

ヴィーガンスープとコーンブレッド

こちらは、泊まっていた宿のオーナーさんから

オススメされたヴィーガン(菜食主義者)のカフェ

スープとコーンブレッドの写真です。

 

初めてコーンブレッドというものを食べたのですが、

ずっしりとした蒸しパンっといった感じでした!

意外と甘さもあって、美味しかったです。

 

スープがメインのカフェなのですが、店内の商品は全て

ヴィーガンの人でも食べれるものだけを販売しています。

健康思考、ヴィーガンの方にオススメなお店です。

 

まとめ

今回は、ワシントンの美味しかったレストラン特集という事で

実際に行って良かったレストランを口コミを交えて紹介してみました。

どこも、ニューヨークよりもリーズナブルで美味しかったというのが

全体的な感想です。まだまだ、私が行っていない、知らないお店も

きっとあるのでしょうね!せひ、ワシントンへ行った際は参考にしてみて下さい。

 

最後まで、読んで下さってありがとうございました♪

他の記事も読んでみる

 

関連本

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ColorfulGirl

コーヒーとファッション、寝るのが大好きです。何も気にせず、色んな所を旅するのが夢です。ニューヨーク4年目。私が日々感じたいいなと思ったことや経験を元に記事を書いています。