Brooklynのアートに触れ合えるイベントBOSへ潜入!

スポンサーリンク

先週末は、友人に誘われてブルックリンのブッシュウィックという街で
行われていたアートイベントに行ってきました。

今回は、イベントの様子を交えてブッシュウィックという街を紹介していきたいと思います。
(一番下にブシュウィックまでの行き方を載せてありますよ!)

 

ブルックリンのアーティストが集まる街

ブルックリンで一番イケてるアーティストが集まる場所。
それが、ブシュウィック。ブルックリンの中でもお洒落なイメージが強い場所です。

日本人でもブシュウィック以外に住みたくない!という人も多く
こだわりの強い人が多く住んでいる印象ですね。
アートのみならず古着屋さんも多いのが特徴です。

 

BOSとは?

BOSとは、Bushwick Open Studioの略でブシュウィックに住む
アーティストがアトリエを一般解放して中に入ることができたり
いたるところで展示を行っています。

 

なかなか普段見ることができないアトリエに入ったり
アーティスト本人から直接話が聞けるのは、とっても貴重ですね!

 

今年は、9/22-24の11AM-7PMに開催されました。
↓参加しているアーティスト

 

↓展示されている場所のマップ

 

ブッシュウィックといえば!ウォールアート

ブシュウィックと言ったら私は、ウォールアートが一番最初に浮かびます。
それくらい街には、様々なウォールアートが至る所にあります。

 

今回は、通りがけに見つけたウォールアートを一部ご紹介。

スカル?メカっぽいアート。

 

カラフルで色々な顔が書いてあって可愛い!

 

ストリートっぽいイラストですね。

 

ラルフローレンのクマもありました。

 

個人的に好きだった車に施されたアート。

 

ちょっと緩くて可愛いです。

 

ブシュウィックのナイトスポット『HOUSE OF YES』

ブシュウィックの有名ナイトスポット『HOUSE OF YES』。
こちらのお店の前では、店員さんたちがフリードリンクを配っていました。

 

どの人もノリノリでカメラを構えると、ポーズを取ってくれました!

 

こちらも、ハイッ!

 

ストリートアート

通りがかる人の足を一瞬引き止めていたのが、この展示。
裸の人間にペインティングをしていました。
日本人からすると、おぉ。っと少し思ってしまいますが、ガチです。

 

ボディペインティング色々と凄かったです。
見入ってしまいました。

 

これ実は、トラックの中を使った展示なのですが、一応入ることもできるようです。
鮮やかな装飾が目を引いていました。

 

展示ブース

色々なアーティストの作品が一緒に展示してあったブース。
会場があまりにも広い為に行った先々でオススメの展示スポットを聞いて
回った場所の一つです。

 

展示されているアーティストのビジネスカードが机の上にずらり。

 

NYで活動する日本人ポップアーティスト

現在NYを拠点に活動中の大阪出身の日本人ポップアーティストの松本セイジさん。
彼のバックグラウンドはというと、父は庭師、祖父は庭師と左官、祖母は洋裁師という
職人家系に生まれて幼少からプロの物作りの楽しさや厳しさという感覚を叩き込まれていたと言います。

大阪芸術大学進学後は、木版制作に没頭し、同時にグラフィックデザイナーとしても活躍し
2010年からは東京を拠点に移し、MBLやLINEゲームなどのプロジェクトに関わっていたそうです。

2016年に独立しニューヨークを活動の拠点に。その後もUNIQLO、横浜DeNAベイスターズ
とのコラボレーションを手がけるなどとセイジさんの勢いは止まりません。

めまぐるしく変化する日常、社会において人々の心を和ませたいという思いの通り
セイジさんの作品には、老若男女国を問わず誰にでも分かりやすく
スッと入り込めて笑顔になれるそんなアートだと感じました。

インスタグラムにも沢山作品をアップされているので必見です!
私も一気にファンになってしまいました。

 

プロフィール

SEIJI MATSUMOTO
ウェブサイト http://seijimatsumoto.com/
Instagram @seijimatsumoto_arts

 

日本のカルチャーをアートに落とし込む

ふと立ち寄ったビルの一角で展示をしていたアーティストのMARINA HEINTZEさん。
なんとなく鯉のぼりやうちわが置いてあって、親しみを感じながら入りました。

一見近寄りがたいオーラを放っているようにも思得るのですが、話しかけてみると
作品のことやインスピレーション源、日本文化について沢山話してくれました。

タトゥーアーティストとしても活躍する彼女。
どの作品もカラフルで柄を取り入れたり、彼女らしさが散りばめられていました。

 

彼女の作品たち。

 

 

 

プロフィール

MARINA HEINTZE
ウェブサイト1 http://www.marinaheintze.com/
ウェブサイト2 https://www.nakapatchi.com/
Instagram @marinaheintze

 

おまけ

帰りがけに見つけた素敵なファッションに身を包んだ女性。
これぞブッシュウィックと言わんばかりの迫力ある個性的なファッション私は、大好きです!

 

ブシュウィックへの行き方

*MEMO*
マンハッタンのユニオンスクエア駅からLトレインで14分程になります。
降りる駅は、Lトレインのモーガン アベニュー駅をオススメします。
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ColorfulGirl

コーヒーとファッション、寝るのが大好きです。何も気にせず、色んな所を旅するのが夢です。ニューヨーク4年目。私が日々感じたいいなと思ったことや経験を元に記事を書いています。