アメリカ旅行に必須のESTA(エスタ)とは?解りやすく解説します

スポンサーリンク

今回は、アメリカに旅行や短期間のビジネスで入国する際に
必ず必要となるESTA(エスタ)というものについて
解りやすくご紹介していきたいと思います。

 

ESTA(エスタ)とは?

そもそもESTA(エスタ)って何?と聞きなれない方も多いのではないでしょうか?

ESTA(エスタ)とは、アメリカがテロ防止の為に平成21年1月より開始した
日本をはじめとした短期間の滞在ビザを免除している国を対象に
電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)
というものを義務化したものの事です。

通称ESTA(エスタ)と呼ばれています。

その為、日本人がアメリカに90日以内のビジネス・観光目的で
渡航する際に日数の多い少ないに関係なく必ず必要となっています。

★免除される人
・アメリカで有効な労働ビザ若しくは、学生ビザなどを所持している人
この申請された情報をもとに、アメリカでは
ビザを免除されている人の情報を収集しビザなしで渡航しても
問題がないか、保安に影響がないかを調べます。

アメリカは、テロ以降そういった事に、とても敏感になっていますので、
しっかりしています。逆をいうとビザを申請した人の情報は
もっと詳しく調べられているという事ですね。

安心してください!この情報だけ見ると
とても不安になってしまいますが、私の周りに
ESTA(エスタ)の申請に通らなかったという話は聞いたことがないので、
ただ、アメリカに短期間でも渡航する際に前もって必要な
申請だと覚えておけば大丈夫です!

ESTA(エスタ)の申請方法

 

ESTA申請に必要なもの

・申請費用14ドル(日本円で1600円程)
ーデビッドカード又はクレジットカードでの支払いになります

・本人名義のパスポート

・宿泊予定先の情報

 

オンラインからの申請方法

ESTA(エスタ)のサイトへは、コチラから

1.ESTA(エスタ)のサイトにアクセスする

ー日本語で操作を進めたい場合は、

右上にあるCHANGE LANGUAGEで日本語を選択

 

2.個人で申請する場合は、「個人による申請」を選択

ー確認・続行を選択。

ー免責事項 「はい、私は上記の説明を読み、内容を理解し、
これらの条件に合意します」にチェックを入れ次へ進む

 

3.申請者情報を入力

ー申請者/パスポート情報

パスポートに記載されている名前と性別を記入。
ここで、他の申請者を追加することも可能です。

ー生年月日・出生した市区町村名・出生国を記入

ーパスポート番号・国籍・発行日・発行した国・有効期限を記入

パスポート番号とは、顔写真のあるページに書いてある
旅券番号というものです。2桁のアルファベットと
7桁の数字で構成されています。

ー別の市民権・国籍

日本に現在住んでいて、他の国の国籍や市民権など無い場合は、
「いいえ」を選択します。

ーGEグローバルメンバーシップ

現在、日本国籍の渡航者は対象外の為「いいえ」を選択。

ー両親

両親のフルネームを記入します。

ーあなたの連絡先情報

・住所の記入方法

ホームアドレスライン2・3 必要であれば入力。

ホームアドレスライン1 例:XXX-X

市区町村 例:MINATOKU

州/都道府県/地方 例:TOKYO

国 例:JAPAN

・電話番号の記入方法

自宅・勤務先・携帯・その他から一つ選択。
日本の国番号は、「+81」をつけて、0を抜いた番号になります。

例えば、090-XXXX-XXXXの場合
+8190-XXXX-XXXXとなります。

・電子メールアドレスを入力する
確認用アドレスも忘れずに入力。

 

ーソーシャルメディア(オプション)

現段階では、必須ではないようなので記入しても
しなくても大丈夫です。

 

ー勤務先情報

現在または、過去に勤務経験がありますか?
「はい」もしくは、「いいえ」を選択し入力。

・米国内の連絡先情報

米国への渡航目的は、他国へ乗り継ぐためですか?
乗り継ぎの為の渡航の場合「はい」 そうでない場合は「いいえ」

 

ー米国内の連絡先情報

宿泊先の情報を入力します。

氏名 ホテルの名称

ホームアドレスライン1 例:XXX-X

市区町村 例:NEW YORK(滞在する市区町村を記入)

都道府県 例:NY

電話番号 例:ホテルの連絡先を入力

 

ー緊急連絡先情報

・米国滞在中の住所
「上欄の、米国内の連絡先と同一」にチェック

・米国内および米国以外の緊急連絡先情報
日本にいる家族等の連絡先を入力

 

ー適格性についての質問

全部で8問の質問に「はい」か「いいえ」で答えていきます。

「いいえ」を選択しておけば間違いないと思われますが、
変更されていることもあるかもしれません。
一応全て読んで選択していきましょう。
下の二つの欄もチェックを入れたら次へ進みます。

 

申請内容の確認・支払い

ー入力した情報の確認

ここで、今まで入力した情報の確認をすることができます。
間違っていた場合ここで修正していきます。

ー支払い手続き

支払いが有効なのは、手続きをしてから1週間以内となっています。
手続きが終わったと、ホッとする前に支払いを終えてしまいましょう。

「今すぐ払う」というボタンからお支払いのページに進みます。
クレジットカードもしくは、デビッドカードの情報を入力して
「支払いの送信」をクリックします。

 

申請の判定結果

ESTA(エスタ)の申請判定は、手続き後すぐには出ませんが、
72時間以内に出るようになっています。少し時間を置いてから
結果を確認してみましょう。

 

判定結果は、トップページの「既存の申請内容を確認」という所から確認する事ができます。
申請時に入力したメールアドレスにESTA(エスタ)から届く
「申請番号」とパスポート番号・生年月日を用意しておきましょう。

 

その他、申請方法

事前にESTA(エスタ)を申請していないと、アメリカ入国の際や
飛行機への搭乗拒否などされてしまいますので、前もって出発前に申請しておきましょう。

自分でオンラインから簡単に申請もできますし、
有料で旅行代理店で代理サービスをやっている所もあります。
自分にあった方法で、準備しましょう。

 

ESTA(エスタ)の有効期限

ESTA(エスタ)は、一度認証されると2年間は有効となります。
その為、同じパスポートで2年以内に入国する場合は、再申請する必要がありません。

しかし、パスポートを更新した場合や紛失した場合など
2年以内に新しいものに取り替えた場合もう一度申請が必要と
なりますので、その点はお気を付け下さい。

 

まとめ

今回は、アメリカに短期間入国する際に必要な
ESTA(エスタ)という制度について解説させて頂きました。
過去に友人がアメリカに旅行する際に、このESTA(エスタ)申請について、
どうしたらよいのか?と電話が掛かって来たことがありました。

一度やってしまえば簡単なのですが、この制度の事もよく分からない上に
色々と入力しなくてはならない情報も多く始めは参ってしまいがちです。

これから申請予定の方や制度についてよく分からないという方の
手助けになれたら嬉しく思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ColorfulGirl

コーヒーとファッション、寝るのが大好きです。何も気にせず、色んな所を旅するのが夢です。ニューヨーク4年目。私が日々感じたいいなと思ったことや経験を元に記事を書いています。