ニューヨークで開催されたLGBTパレードに行ってきました!!

スポンサーリンク

さぁ、6月も末に入りいよいよ夏本番といった感じですが

ニューヨークでは、大規模なLGBTパレードが先日開催されました。

 

ニューヨークに来て今年で3年目なのですが、過去2回見逃していたのですが

今回は、見に行ってバッチリ写真も撮ってきたので、そのレポートと

LGBTについて書いてみたいと思います。

 

LGBTの意味とは?

皆さん、LGBTとは何の略か知っていますか?

これらは、それぞれに属する人たちを称するグループの頭の頭文字からきています。

 

L→レズビアン(女性同性愛者)

G→ゲイ(男性同性愛者)

B→バイセクシュアル(両性愛者)

T→トランスジェンダー(性別越境者)

 

I→インターセックス(両性具有)

A→アセクシュアル(無性愛者)

 

日本でも、マツコ・デラックスさんやIKKOさんなどゲイの方や

はるな愛さんやKABAちゃんなどトランスジェンダーの方は

テレビ等でもよく見かけますね。

 

レズビアン

レズビアンとは、女性でいて女性が恋愛対象となる方々ですね。

バイセクシャルと違うのは、好きになる対象が女性のみというところです。

男性には、興味が無いということになります。

 

まだ、ゲイに比べて認知度が低いのと表に出る人が少ない感じがします。

実際に私も友達の知り合いぐらいしか出会った事がありません。

まだまだ、これから理解・認知と進んでいくのではないかと思います。

 

ゲイ

ゲイとは、日本だと男性でいて男性が恋愛対象となる方達のことですね。

ニューヨークは、アメリカの中でもセクシャルマイノリティーへの

理解が進んでいる地域だと思うので、ゲイの方達がとても多いです。

その通りにゲイのカップルも普通に街中で見かけます

 

いまではゲイの認知度は、とても高いのではないでしょうか。

平成生まれの私からすると幼少期からそういった方々がテレビに

よく出ていた気がしますし、何も偏見を持たずに育ってきました。

 

実際に友人にも沢山います。恋愛対象が男性というだけで

何ら私たちと変わりません。強いて言えば、みんな感性が豊かですかね。

困っていたら話を聞いてくれたりアドバイスをくれたり逆に困っている時は、

話をしたりアドバイスをしたりと大切な友人達です。

 

バイセクシャル

バイセクシャルとは、女性男性など性別関係なく恋愛対象となる方達です。

有名人だとメイプル超合金のカズレーサーさんは、バイセクシャルだと公言しています。

男女関係なく恋愛できる為にお得だと言われる事も多いそうですが、

もちろん、タイプや好みはあるようですよ。

 

現に私がこれに属するという訳ではありませんが、私は大いに賛成です。

性別だけで恋愛対象を判断するのもどういうものなのかというのと

別にその人たちがお互いに好きなら良いのではないか。という気持ちです。

 

実際には、通常ホルモン等の関係上異性に惹かれるようになっているので

人間の生理現象を超えてということになるのでしょうか。難しい世界ですね。

 

トランスジェンダー

トランスジェンダーは、生まれた時の体と心が一致していなくて

性転換手術をして心と同じ性別に変更した方達ですね。

 

この言葉が浸透してきたのは、比較的最近な気がします。

私もニューヨークに来て初めてトランスジェンダーの友人ができました。

 

彼女は、男性から女性へなったのですが、正直一般的な女性より綺麗です。

元々の素材というのもあると思いますが、美への追及が凄いのでしょうね。

ほんとに美しすぎて見とれてしまいます。カミングアウトされなかったら

分からないかもしれません。

 

男性から女性になった方達をMTF(Male To Female)

女性から男性になった方達をFTM(Female To Male)

と呼ぶそうです。これは、私も最近知りました。

色々な呼び方があるのですね。勉強になります。

 

インターセックス

インターセックスとは、中世的な性の意味で日本語だと両性具有ともいいます。

見た目は、男性又は女性ですが体の機能的には本来とは違うものを持っていたり

男性女性というカテゴリーに分類できない方達の事を指します。

 

またインターセックスといっても人によって、状態が違うようなので

簡単にせつめいできるものではありません。まだまだLGBTに比べて認知度も低く、

私もチラッと聞いたことをあったもののあまりよく知りませんでした。

 

昔オリンピックに出ていた女性選手の体つきが男性のようだと問題になり

審議にかけられていたニュースを見た気がします。

しかし、彼女には何の落ち度もありません。もちろんその両親にもです。

 

今回、ニューヨークで行われたLGBTのパレードに行った際に

ハンネ・ギャビー・オディールというファッションモデルも参加しているのを

見かけました。彼女は、仲良しのデザイナーアレキサンダー・ワンと一緒に

そのパレードに出ていたのですが、ふと彼と仲がいいから

参加していたのかなぁと思って彼女について調べていました。

 

パレードにて、ハンネ・ギャビー・オディール

 

 

すると、今年の1月に彼女自身がインターセックスであると

カミングアウトしたとの記事が出てきたのです。なるほど、

と思いつつそのことで今回色々と調べてみました。

 

現在、LGBTにIを入れようとしている動きもあるようですが

全てのインターセックスの方達が賛成という訳でもなく

なかなか難しい問題のようです。

 

アセクシュアル

アセクシャルとは、恋愛感情を持てない無性愛者の方達のことですね。

なかなか、想像するのも難しいですが一切恋愛感情が無いという事のようです。

まだ、そういう方と出会ったことはありませんが、世の中にはそういう方も

いらっしゃるという事ですね。興味深いです。

 

インターセックスと同じくアセクシュアルもLGBTには含まれていません。

ですが、知っていたら良いかなと思い今回紹介する事にしました。

 

レインボーフラッグ(虹色)の意味とは?

LGBGTを意味する色として主に8色の虹色が使われます。

これは、70年代からLGBT運動の象徴としてレインボーフラッグ

使用されてきた背景があります。

 

ピンク:セクシャリティー(sexuality)
赤:生命(life)
橙:癒し(healing)
黄:太陽(sunlight)
緑:自然(nature)
ターコイズ:魔術 / 芸術(magic/art)
藍:平穏 / 調和(serenity/harmony )
紫:精神(spirit)

 

ニューヨークでもこの時期になると至るところでこのレインボーフラッグ

レインボーカラーの物を見かける機会が多くなります。

 

ニューヨークで行われた大規模パレード

ニューヨークでは毎年大規模なLGBTパレードが開催されています。

今年は、2017年6月25日に開催されました。

お昼の12時から長蛇の列のパレードが始まります。

 

LGBTの集まりの方々を筆頭に企業や海外からも参加する人が居るくらい

とても大きなパレードで、当日は人で溢れかえっていました

 

アレキサンダー・ワン

 

ディズニーストア

 

メルセデスベンツ

 

Spotify

 

クラブか何かの方達でしょうか?

 

ハードゲイの方達でしょうか?

 

FTMの方でしょうか?

 

早い時間帯だったのもあり、観客もすごい数でした

 

存在感が大物でした

 

現大統領トランプを皮肉った被り物を持っています

 

HOUSE OF YES

 

 

 

カラーパウダーを投げ合うグループ

 

特に目立っていたグループ

 

こっちも負けてませんよ!

 

車に乗ってバッチリ決まりました

 

大量のレインボーフラッグと共に

 

 

快く写真を撮らせてくれたお二人

 

ドラッグクイーン?女装?

 

メキシコの女装家さん

 

踊っている男性

 

上半身裸の女性

 

パレード外からも応戦してます

 

パレードを見に来ていた女の子達

 

シティーバイクもレインボーに

 

レインボーフラッグを売っているおじさん

 

LGBTパレードとエンパイアステートビル

 

まとめ

きっと、今まで色々と苦労された方、されている方も多いと思いますが

世の中は少し生きやすく変わってきたのではないでしょうか。

もっと、認知度が上がって理解が深まると良いですね!

 

最後まで、読んで下さってありがとうございました♪

他の記事も読んでみる

関連商品

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ColorfulGirl

コーヒーとファッション、寝るのが大好きです。何も気にせず、色んな所を旅するのが夢です。ニューヨーク4年目。私が日々感じたいいなと思ったことや経験を元に記事を書いています。