アメリカ留学初期にビックリ!友人の洗濯物の中からでてきた謎の紙の話

スポンサーリンク

今回は、アメリカ・ニューヨークに留学して

最初の頃にビックリした話を一つしたいと思います。

やっぱり、文化的な違いから留学初期は

いろいろと驚くことも沢山ありました!

ではではさっそく本題に入っていきたいと思います。

 

アメリカ留学初期にビックリ友人の洗濯物の中からでてきた謎の紙の話

私がニューヨーク留学で最初に住んでいたのは、民間のクリスチャンの寮でした。

といっても、私はクリスチャンでも何でもなく留学の手続きをお願いしていた

エージェントで紹介されたうちの一つでした。

 

そこの寮の地下には、洗濯をするためのスペースがあって

洗濯機や乾燥機が備え付けられていたのですが、

ある日、寮で仲良くなった友達と付き添いで

彼女の洗濯物を一緒に取に行った時のことです。

 

その時に、なぜか彼女の洗濯物の中から数枚白い紙が出てきて

いやいや、洗濯物に紙なんか入れちゃダメでしょ!

おっちょこちょいだなぁー」と彼女に言ったら

いやいや、これは乾燥機に一緒に入れて使うシートタイプの柔軟剤だよ!

と教えられ、えぇ!!っとビックリしたのでした。

 

謎の紙の正体とは?

はい、謎の紙の正体は「シートタイプの柔軟剤」です。

日本では、乾燥機って急いでる時とかぐらいしか

使わないイメージですが、アメリカでは一般的です。

 

特にニューヨークでは、みんな週に1回とか

まとめて洗濯しにコインランドリーに行く為に

洗濯して乾燥まで終わらせた状態で帰ります。

 

ニューヨークでは、家庭用洗濯機を持っている人が

少ないので至る所にコインランドリーがあります。

 

その後…

私も洗濯に行く時にシートタイプの柔軟剤を使っています。

液体タイプよりも持ち運びが楽で、乾燥機にかけた後の匂いが

こっちの方がいい気がするので、あれから愛用しています。

友人よ。教えてくれてどうもありがとう。笑

私がいつも使っているのは、日本でもメジャーなダウニーのシートタイプです。

色々なメーカーが出していて種類も沢山あるのですが、

なんとなくこれが馴染みがあるのでいつも使っています。

 

私が中学生の頃くらいに日本でも液体のダウニーが流行ってて

(もしかしたら、前から流行ってたかも。)

田舎の雑貨屋さんとかで買ってもらって洗濯する時に

入れてもらっていました。

 

アメリカの柔軟剤なので日本のやつよりも

入れた寮によりますが、比較的匂いが強めで

当時弟には、不評でブーブー文句を言われていました。

 

しかし、一度部活のメンバーみんなで使うユニホームかなんかを

ダウニーを入れて母が洗ったのを持って行ったら、いい匂いがする!と

好評だったらしく、それからは逆に味方になりました。笑

なんて、単純なんだ。弟よ。笑

 

まとめ

今回は、アメリカで留学し始めた頃にビックリした話として

洗濯に使う柔軟剤シートと話を紹介してみました。

 

なかなか日本だと乾燥機を使う機械って、そう頻繁にないので使えないかもしれないですが、

自宅に乾燥機があってよく使うという人や海外でコインランドリーを使用する機会がある方は

試してみてはいかがでしょうか?

最後まで、読んで下さってありがとうございました♪

他の記事も読んでみる

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ColorfulGirl

コーヒーとファッション、寝るのが大好きです。何も気にせず、色んな所を旅するのが夢です。ニューヨーク4年目。私が日々感じたいいなと思ったことや経験を元に記事を書いています。